グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




内覧会告知
上記の日程にて内覧会を行います。
当日は院内の雰囲気や医療機器などご覧することができます。お気軽にご来院ください。

当院からのお知らせ

2024年1月27日
採用募集は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
2023年12月8日
ホームページを公開しました

こんなお悩みありませんか?
当院は関節リウマチ治療の他、骨粗鬆症や生活習慣病の治療も行っております。
お気軽にご相談ください。


ベストドクターズに選ばれたリウマチ専門医による早期治療

高精度の骨密度測定機を用いた患者にあった治療


関節リウマチとは

関節リウマチとは全身の様々な関節の滑膜に炎症をおこし、その結果として関節に痛み、腫れ、こわばりを生じる原因不明の慢性炎症性疾患で、放置しておくと軟骨や骨などの破壊や関節機能障害を来たしうる病気です。

※クリックで拡大できます

両手指の第2・第3関節や手首、また足の指など小さな関節に症状が出るケースが多くみられますが、中には膝などの大きな関節で発症する場合もあります。放置しておくと骨や軟骨が破壊され、関節の変形が起こります。また、症状のコントロールがうまくできないと内臓に機能障害をおこしうる全身性の病気です。

この病気についてぜひ知っておいていただきたいのは、現代の医学ではリウマチは早期に適切な治療を行えば「発症前のような生活を取り戻せる」可能性が高い病気だということ。日常生活をはじめ、手芸などの手先を細かく使う趣味やトライアスロンなどのハードなスポーツなど発症前のように楽しみたいですよね。

起床時にペットボトルの蓋が開けづらいといった力の入りにくさ、グローブをしているようなごわごわする感じ、原因不明の関節の痛みや腫れなど、特に少なくとも1ヶ月以上痛みやこわばりに悩まされている場合はお早めにご相談ください。リウマチの治療で重要なことは、早期診断、早期治療開始、早期治療目標達成です。

クリニックの診療心得

患者さん毎により高い治療目標を設定し、最短距離で達成する
当クリニックが考える関節リウマチの治療ゴールは「患者さんが発症前の生活を全て取り戻すこと」、言いかえると「リウマチを考えなくても良い生活を取り戻すこと」。痛み、腫れがなくなることだけがゴールというわけではありません。検査数値に囚われず患者さん一人一人の病状、生活様式などを考え、個々にあった治療目標を決めて、最短距離で達成するために、共に相談しながら治療していきます。

副作用に注意しながら、安心安全に治療を行う
気になる事はすべて必ず医師もしくは当スタッフでも構いません。 「痛み」は主観的な症状なので患者さんがどの程度苦しんでいるか医師には伝わりにくく、また薬による副作用なども個人差があるため一見、薬や病気とは関係なく思える症状でも伝えていただけると治療を進めるうえで重要なポイントとなることも多いです。気になることは全て私たちにお伝えください。

リウマチのことを考えなくても良い生活を取り戻す治療
病初期は関節に痛みや腫れがあるため、体が動かしにくくなり、日常動作をすることが難しい状態であることが多いですが、最近の治療の革命的な進歩により、「リウマチを考えなくても良い生活を取り戻す」といった状態を達成できることがほとんどです。その状態は好きなことをすべてあきらめない状態です。「日常に困っている事、疑問点」などを知るための質問票を患者さんに書いていただき症状の変化や日常生活の不便さを医師と話す糸口として活用しております。

患者さんが来院を楽しみになるよう努力する
関節リウマチは治ったと言って良い状態にはなりますが、治癒ではなく、必要な治療は長期間にわたり継続されます。 「いつまで治療を続けないといけないの?」「今の治療薬が効かなくなったらどうするの?」等不安な気持ちもたくさんあるものと思いますが、医師と患者さんがゴールを共有し一緒に進んでいきながら、すべての患者さんのすべての不安な気持ちがなくなるよう当クリニックスタッフ全員が努力します。「当クリニックに来れば前向きな気持ちになれる」そう思っていただけるように一生懸命努めて参ります。

充実した検査設備でその日のうちに結果が分かります
診療の結果、必要に応じて院内機器により一般的な血液検査や尿検査の結果は即日提出することが可能です。
また、関節リウマチにおいて質の高い診療を提供させていただくため、当院では関節エコー検査のほか、レントゲンや骨密度検査なども可能です。



医師紹介

みやもと内科・リウマチ科 宮本俊明です。私は1998年浜松医大を卒業したのち、1999年から聖隷浜松病院に24年勤務し、1500人以上のリウマチ・膠原病患者さんを継続して診てきました。
症状でお困りの方々に、効果的な医療を提供することで『これからの人生を何も困ることなく過ごしてもらいたい』ということを信念に、修練を重ねてきました。
当クリニックを立ち上げたのは、『大好きな浜松市で、すべての患者さんにいつまでも安心できる効果的な医療を提供し続けたい』という思いからです。

専門であるリウマチ・膠原病診療を中心に、生活習慣病やその他、すべての内科疾患にも積極的に対応したいと思います。
お困りのことがあればなんでもご相談ください。
医師として真摯に取り組んで参ります。
みやもと内科・リウマチ科クリニック
院長 宮本 俊明


 

みやもと内科・リウマチクリニック
〒430-0906 静岡県浜松市中央区住吉2丁目8番地21号
TEL:準備中 / Instagram  

…土曜日は第2,第4 午前のみ診察
休診日|水曜午後・土曜午後・日曜祝日
診療科目|リウマチ科・内科

診療に関する注意事項
※第2・第4土曜日のみの診察となります。
最終受付は17:30です。余裕をもってご来院ください。
アクセス方法
車にてご来院される方
東名高速道路「三方原スマートIC」より車で約10分
公共交通にてご来院される方
浜松駅より【13のりば 50:山の手医大線】乗車
「せいれい病院入口」下車徒歩1分(所要時間:13分/260円)
14のりばの「せいれい病院」行きではありませんのでご注意お願いします。